スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は死後も生き続ける 霊界で

霊界について読めるサイトを紹介します。


ブルーアイランド
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/blue-island.html#1章

ブルーアイランドより一部転載

ブルーアイランドに到着した時の最初の印象と体験について述べてみたいと思います。ただ、これから述べる体験が、沈没後どれくらい経ってからのことなのかは、感覚的にはよく分からないのです。 
  私には2人の案内役が付き添ってくれました。地上時代の友人と、もう一人は実の父親でした。父は私と生活を共にし、援助と案内の役をしてくれました。なんだか私には、外国に来て親しい仲間と出会ったような感じで、死後の再会という感じはしませんでした。 先ほど体験した忌まわしいシーンは、もう遠い過去へ押しやられていました。死の真相がわかってしまうと、そういう体験の怖さもどこかへ消えてしまったのです。つい昨夜のことなのに、まるで50年も前のことのように思えました。お陰でこの新しい土地での楽しさが、地上に残した者との別れの悲しさによって半減されるということにはなりませんでした。
  タイタニック号の犠牲者全員がそうだとは申しません。かなりの人々が不幸な状態に置かれたでしょう。が、それも、2つの世界の関係について何の知識も持ってなかったからにほかなりません。それを知っていた私のような者にとっては、旅行先に到着して便りを書く前に、「ちょっとそこいらを散歩してくるか」といった気楽な気分でした。

  父と私、そして友人の3人で、さっそく見物に出掛けました。その時ふと気づいたのですが、私は地上時代のお気に入りの普段着を身につけておりました。いったいどうやって地上から持ち運んだのだろうかと、不思議でなりませんでした。
  そういえば父も、地上で私が見慣れていた服装をしておりました。何もかもが、そして見かけるすべての人が、ごく自然で、まるで地上とそっくりなのです。
  もう一つ、私にとって印象深かったのは、その土地全体が青みがかっていることでした。英国は「緑がかった灰色」とでも表現できるでしょうか。しかし、この土地は文句なしにブルーなのです。明るい濃いブルーです。住民や住居や樹木までがブルーだという意味ではありませんが、全体から発せられる印象が「ブルーの国」なのです。
  そのことを父に訊ねてみました。余談ですが、父は地上にいた時よりも動作がきびきびしていいて、若返って見えます。父子というよりは兄弟のような感じすらしました。
  父は私の質問に対して、「この界層を包む光の中にブルーの光線が多く含まれているためにそう見えるのであって、ここは精神的な回復を得るのに絶好の土地なのだ」という説明をしました。
  このように、死の直後の世界は、地上界を申し分のない状態にしたものにすぎないと考えてください。

■訳者注――このブルーアイランドは“中間境”とでもいうべき界層で、ここを卒業して“本土”というべき界層に入っていくと、地上とは比較にならないほど活発な活動の世界が待っている、というのが、信頼のおける霊界通信が一致して述べているところである。そうなると地上との縁が薄れるのかというと決してそうではなく、むしろ上層界にも下層界にも通じるようになるという。
  そういうわけで、かつて地上で縁故のあった人間が他界する時は、すぐにそれを察知して、その中間境まで出迎えに降りてきてくれる。それは懐かしいからという要素もないわけではないが、死んだことを自覚させる目的も兼ね備えているので、一見してそれと知れるように、死んだときの風貌や服装を身につけているのが通例である。が、用事が済むとそれぞれが本来所属している場所へと帰っていく。
  そうした霊にとって残念なのは、せっかく出迎えてやっても、本人が地上的なしがらみや間違った信仰、極度の悲しみや憎しみを抱いたりしていると、その存在に気づいてくれないことだという。その種の人間が、いわゆる“地縛霊”となって、地上の縁ある人たちに良からぬ影響を及ぼすことになるのである。

  当時私がいたところには海もありました。その海岸に沿って3人で散歩したこともありました。右手には大きな建造物があり、左手に海がありました。とても穏やかな景勝地でした。
  霊界というと、非現実的で夢のような世界を想像なさるに違いありません。が、そうではなく、みなさんが外国に行くのとまったく同じなのです。地上と同じように実体があるのです。おまけに、比較にならないくらい興味のつきない世界です。
  やがて私たちは大きなドームのような建物の前に来ました。中を覗いてみると、ここも素敵なブルーで彩られていました。地上で見かける建物と変わらないのですが、その美しさが違うのです。
  そこにしばらく滞在して、それから軽い食事を取りました。私が地上でよく食べていたものに似ている感じがしました。ただし、肉類は見当たりませんでした。
  奇異に思えたのは、食事は必ずしも取る必要がないように思えたことです。目の前に置いてあるのですが、どうやらそれは必要性からではなくて、地上の習慣の名残にすぎなかったようです。
(転載終了

小桜姫物語
http://www.aozora.gr.jp/cards/001034/files/4823_48720.html

小桜姫物語より一部転載

竜宮街道

 しばらく湖水こすいの畔へりを伝つたって歩あるいて居いる中うちに、山やまがだんだん低ひくくなり、やがて湖水こすいが尽つきると共ともに山やまも尽つきて、広々ひろびろとした、少すこしうねりのある、明あかるい野原のはらにさしかかりました。私達わたくしたちはその野原のはらを貫つらぬく細道ほそみちをどこまでもどこまでも先さきへ急いそぎました。

 やがて前面ぜんめんに、やや小高こだかい砂丘すなやまの斜面しゃめんが現あらわれ、道みちはその頂辺てっぺんの所ところに登のぼって行ゆきます。『何なにやら由井ゆいヶ浜はまらしい景色けしきである……。』私わたくしはそんなことを考かんがえながら、格別かくべつ険けわしくもないその砂丘すなやまを登のぼりつめましたが、さてそこから前面ぜんめんを見渡みわたした時ときに、私わたくしはあまりの絶景ぜっけいに覚おぼえずはっと気息いきづまりました。砂丘すなやまのすぐ真下ましたが、えも言いわれぬ美うつくしい一ひとツの入江いりえになっているのではありませぬか!

 刷毛はけで刷はいたような弓ゆみなりになった広ひろい浜はま……のたりのたりと音おともなく岸辺きしべに寄よせる真青まっさおな海うみの水みず……薄絹うすぎぬを拡ひろげたような、はてしもなくつづく浅霞あさかすみ……水みずと空そらとの融とけ合あうあたりにほのぼのと浮うく遠山とおやまの影かげ……それはさながら一幅ぷくの絵巻物えまきものをくりひろげたような、実じつに何なんとも言いえぬ絶景ぜっけいでございました。

 明あけても暮くれても、眼めに入いるものはただ山やまばかり、ひたすら修行しゅぎょう三昧ざんまいに永ながい歳月としつきを送おくった私わたくしでございますから、尚更なおさらこの海うみの景色けしきが気きに入いったのでございましょう、しばらくの間あいだ私わたくしは全まったくすべてを打忘うちわすれて、砂丘すなやまの上うえに立たち尽つくして、つくづくと見惚みとれて了しまったのでございました。
『どうじゃ、なかなかの良よい眺ながめであろうが……。』

 そう言いわれて私わたくしはやっと自分じぶんに戻もどりました。
『お爺じいさま、わたくし、こんななごやかな、良よい景色けしきは、まだ一度ども見みたためしがございませぬ……。ここは何なんと申もうすところでございますか?』
『これが竜宮界りゅうぐうかいの入口いりぐちなのじゃ。ここから竜宮りゅうぐうはそう遠とおくない……。』

『竜宮りゅうぐうは矢張やはり海うみの底そこにあるのでございますか?』
『イヤイヤあれは例れいによりて人間にんげんどもの勝手かってな仮構事つくりごとじゃ。乙姫様おとひめさまは決けっして魚族さかなの親戚みうちでもなければ又また人魚にんぎょの叔母様おばさまでもない……。が、もともと竜宮りゅうぐうは理想りそうの別世界べっせかいなのであるから、造つくろうと思おもえば海うみの底そこにでも、又またその他ほかの何処どこにでも造つくれる。そこが現世げんせの造つくりつけの世界せかいと大たいへんに異ちがう点てんじゃ……。』
『左様さようでございますか……。』

 何なにやらよくは腑ふに落おち兼かねましたが、私わたくしはそう御返答ごへんじするより外ほかに致方いたしかたがないのでした。

『さて』とお爺じいさんは、しばらく経たってから、いと真面目まじめな面持おももちで語かたり出いでました。『俺わしの役目やくめはここまで汝そちを案内あんないすればそれで済すんだので、これから先さきは汝そち一人ひとりで行ゆくのじゃ。あれ、あの入江いりえのほとりから、少すこし左ひだりに外それたところに見みゆる真平まったいらな街道かいどう、あれをどこまでもどこまでも辿たどって行ゆけば、その突つき当あたりがつまり竜宮りゅうぐうで、道みちを間違まちがいえるような心配しんぱいは少すこしもな

い……。又また竜宮りゅうぐうへ行いってからは、どなたにお目めにかかるか知しれぬが、何いずれにしても、ただ先方せんぽうのお話はなしを伺うかがう丈だけでは面白おもしろうない。気きのついたこと、腑ふに落おちぬことは、少すこしの遠慮えんりょもなく、どしどしお訊たずねせんければ駄目だめであるぞ。すべて神界しんかいの掟おきてとして、こちらの求もとめる丈だけしか教おしえられぬものじゃ。で、何事なにごとも油断ゆだんなく、よくよく心こころの眼まなこを開あけて、乙姫様おとひめさまから愛想あいそをつかされることのないよう心懸こころがけてもらいたい……。では俺わしはこれで帰かえりますぞ……。』

 そう言いって、つと立たち上あがったかと思おもうと、もうお爺じいさんの姿すがたはどこにも見みえませんでした。

 例れいによりてその飽気あっけなさ加減かげんと言いったらありません。私わたくしはちょっと心こころさびしく感かんじましたが、それはほんの一瞬間しゅんかんのことでございました。私わたくしは斯こんな場合ばあいにいつも肌はだから離はなさぬ、例れいの母ははの紀念かたみの懐剣かいけんを、しっかりと帯おびの間あいだにさし直なおして、急いそいで砂丘すなやまを降おりて、お爺じいさんから教おしえられた通とおり、あの竜宮街道りゅうぐうかいどうを真直まっすぐに進すすんだのでした。

 その後ごも私わたくしは幾度いくどとなくこの竜宮街道りゅうぐうかいどうを通とおりましたが、何度なんど通とおって見みても心地ごこちのよいのはこの街道かいどうなのでございます。それは天然てんねんの白砂はくさをば何なにかで程ほどよく固かためたと言いったような、踏ふみ心地ここちで、足触あしざわりの良よさと申もうしたら比類たぐいがありませぬ。そして何所どこに一点てんの塵ちりとてもなく、又また道みちの両側りょうがわに程ほどよく配合あしらった大小だいしょうさまざまの植込うえこみも、実じつに何なんとも申上もうしあげかねるほど奇麗きれいに出来できて居おり、とても現世げんせではこんな素晴すばらしい道路どうろ

は見みられませぬ。その街道かいどうが何どの位くらい続つづいているかとお訊たずねですか……さァどれ位くらいの道程みちのりかは、ちょっと見当けんとうがつきかねますが、よほど遠とおいこと丈だけは確たしかでございます。街道かいどうの入口いりぐちの辺あたりから前方ぜんぽうを眺ながめても、霞かすみが一帯たいにかかっていて、何なにも眼めに入いりませぬが、しばらく過すぎると有あるか無なきかのように、薄うっすりと山やまの影かげらしいものが現あらわれ、それから又またしばらく過すぎると、何なにやらほんのりと丹塗にぬりの門もんらしいものが眼めに映うつります。その辺へんからでも竜宮りゅうぐうの御殿ごてんまではまだ半里位はんみちくらいはたっぷりあるのでございます……。何分なにぶん絵心えごころも何なにも持もち合あわせない私わたくしの力ちからでは、何なんのとりとめたお話はなしもできないのが、大たいへんに残念ざんねんでございます。あの美うつくしい道中どうちゅうの眺ながめの、せめて十分ぶんの一なりとも皆様みなさまにお伝つたえしたいのでございますが……。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

レイン

Author:レイン
「相撲の2人の横綱の誕生日に巨大地震が発生しました。そのため鶴竜の誕生日にも巨大人工地震が発生します」http://okadasa.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

2018年8月10日に巨大人工地震に注意
http://okadasa.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

2016年11月8日直前にに中共HAARPが引き起こす西日本超巨大大震災は大分・宮崎を震源地とし、西日本全域を襲い壊滅状態に落し込める
http://okadasa.blog.fc2.com/blog-category-11.html

転載したい人がいたらご自由にどうぞ。

コメントのとこで掲示板代わりに使ってもOKです。連投も可。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。